読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No doubt!!!!!

関西の”8人の小人”と紡ぐFunkyな日々

#ジャニーズ楽曲大賞2016 に参加しました

  • 楽曲部門

1位 「CHO-EXTACY」 ジャニーズWEST

PARTYMANIACSを越える名曲に出会うことなんてないんだろうな・・・と思っていた矢先のこの楽曲。大人の余裕と色気の溢れる世界観とWESTの甘い歌声が織り成す化学反応のせいで危うくエンドレスリピートしてしまいそうになります。それにしてもWESTはよい楽曲に恵まれていてうらやましい。

 

 2位 「I seek」 嵐


「嵐は私にとって、いつまでたっても、かっこいいお兄ちゃんたちだ」と再確認させてくれた楽曲。近年、若い子向けのシングル曲が多かったよう感じていましたが、30代らしい等身大の30代の世界観を歌う嵐が見られてとても嬉しかった。ずっとこういう嵐が見たかった!

 

3位 「Fantastic Ride」 A.B.C-Z

新しい楽曲なのに懐かしくて、でもそれは古いといったわけでもなくて。初見から私の感性に設けられたゲートをするっと抜けていった珍しい楽曲。落ち着いたテンポなのに雲の上ってこんな感じなのかな?と思うくらい軽々とふわふわした気分にさせてくれ、多大な幸福感に包まれる不思議な楽曲。

 

4位 「My Girl」 Hey!Say!JUMP


世界中のありやまフリークが見たかった"ありやま"の模範解答。「親友でありよきライバル」というありやまの関係性が最大限に落とし込まれた名作。全シンメ担が「私も自担に歌ってほしい」と思うに違いない、いわば20代のブギダンダン。(私は今丈に歌わせたい)

 

5位 「You’re My Treasure」 ジャニーズWEST

 

「ええやんけ姉ちゃん~」とか「大阪弁の醍醐味は~」とか言って散々ちょけ散らかすくせしてこういう楽曲をサラッと歌って乙女心奪ってくんだから!ほんとジャニーズWESTって怖い(そんなところが大好き)

未音源化部門 「Prince Princess」 Prince
とにかく王道。それ以外の言葉が見つからない、とりあえず王道。振りといい、スタンドマイクといい、この楽曲を構成するすべての要素が天才の所業。恋人にしたいJr.殿堂入り間近の岩橋くんに「みんながこの星のプリンスプリンセス」なんて言われたらそりゃ誰も勝てるわけがない。

 

  • MV部門 

「Fantastic Time」 Hey!Say!JUMP


Hey!Say!JUMPのダンス・フォーメーション美を余すことなく堪能できるMV。永遠に見てられる素晴らしいMV。変にドラマ仕立てにしなかった点に拍手。スパデリ・RWM、ファンタと見比べることでJUMPの進化の過程を目の当たりにできるはず。

 

  • 現場部門  

ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7


そうだ、「アルバム引っ提げたツアー」とはこういうものだ!と再確認させてくれたツアー。楽しかった。ただただ楽しかった。魅せる曲、楽しむ曲のメリハリがしっかりしていたお陰で何回入っても退屈することがなかった。構成にセトリにセットに衣装にグッズに、とセンスが良すぎてこのツアーの世界観にどっぷり浸かってしまった。このツアーのおかげで2016年の1年、なんとかラッキィィィィィィィに過ごせた気がします。何より自担がメインバックにつかせてもらえて有りがたかったです。サンキュー!

 

ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7


ツアーがとてつもなく楽しかったから。Jr.コーナーもしっかり入れていただけ感謝。罰ゲームダイジェストはナイスアイディアでしたが、欲を言えばやっぱりツアードキュメンタリーやメイキングほしかったなあ。Blu-rayで自担の勇姿を手元に残せることに感謝。

 

  • 担当アンケート
今江大地

今江担として2度目の楽曲大賞です。2016年も今江くんのおかげでたくさんの素敵な楽曲に出会えました!2017年もたくさんの素敵な楽曲と出会わせてくださいね!

2017年も大好きです!!!!!

 

2017年の目標

今週のお題「2017年にやりたいこと」

1:怒らない
「短気でせっかちで怒りっぽい性格」のせいで損してるなあ、と思うことが2016年多々あったので自担のいうところの「怒っても無駄な体力使うだけ」という真理に近い格言を胸にヘラヘラ生きていこうと思います。
考えすぎて自滅するのも2016年で卒業したい。いい意味で2017年はヘラヘラしていたいな。

2:荷物を少なく、モノを少なく
必要最低限で生きよう!と断捨離・ミニマリストの知恵をお借りしながら片付けしてきたものの相変わらずモノも多いし荷物も多い。
2017年はモノの所有を今の半分まで減らして、遠征時にもお友だちから「え?荷物それだけ?」と驚かれるくらい身軽な人間になりたいな!

3:ベターと開脚
先日の金スマに触発されて、開脚トレーニング只今5日目!身体の堅さがずっとコンプレックスだったので2017年、なんとしてもおでこを床につけられるようになりたい!!
夢は開脚して両肘ついたままテレビを見ること

4:スポーツをはじめる
本当にいい加減何か始めねばと思っているので2017年こそ!!!途中で挫折しちゃったテニスかジムか、とにかく何か体を動かす趣味をつくりたい!

5:英語を使う
「月に1本洋画を見る」「松竹に行くときには心斎橋で必ず外国人観光客最低1人と話す」
使うタイミングない~って言い訳してるうちにどんどん英語力低下してきてるのは身に染みて感じてるので、積極的に使っていきたい。独検も取るぞ!

6:たくさん「発信」する
文章力向上のためにも今年以上にたくさんエントリ上げてよい文章が書けるようにしたい。
目指せ"ポジティブな記事での"「人気の記事」入り

7:明るい色の服を買う
お友だち・職場の先輩から「20代なんだからもっと明るい色の服を着なさい!ピンクを買え!!」と怒られたので、明るくてキャピキャピした服装を心がけたい。

8:今江くん・Funky8にたくさん会いに行く
そのためにいつでも胸を張って8人に会いに行けるように自分をちゃんと磨いていきたい

意識は高く2017年も飛躍の1年になるようがんばるぞ!!!!

2017年もどうぞ宜しくお願いいたします!!

#今年の現場を振り返る 2016年

★印は今江くんのお仕事

 

【1月】

★1日  Hey!Say!JUMP COUNTDOWN LIVE2015-2016 JUMPingCARnival 京セラドーム大阪

★3日(1部)ジャニーズWEST CONCERT TOUR2016 ラッキィィィィィィィ7  大阪城ホール

5日 ピンクとグレー有料先行上映会 TOHOシネマズ名古屋ベイシティ

9日 ピンクとグレー公開記念舞台挨拶 京成ローザ10

★13日ジャニーズWEST CONCERT TOUR2016 ラッキィィィィィィィ7 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール

★14日ジャニーズWEST CONCERT TOUR2016 ラッキィィィィィィィ7 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール

【2月】

【3月】

★25日(1部)ジャニーズWEST CONCERT TOUR2016 ラッキィィィィィィィ7

大阪城ホール

【4月】

★2日 ジャニーズWEST CONCERT TOUR2016 ラッキィィィィィィィ7 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ

★3日(1部)ジャニーズWEST CONCERT TOUR2016 ラッキィィィィィィィ7

宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ

10日 春休み関西ジャニーズJr.スペシャルshow2016 大阪松竹座

30日 関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ舞台挨拶 MOVIX三好 ミッドランドスクエアシネマ

【5月】

16日 寝盗られ宗助 アイリスホール

 

【6月】

【7月】

★3日 Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR2016 I SCREAM 京セラドーム大阪

30日(2部) Hey!Say!JUMP CONCERT TOUR 2016 DEAR 大阪城ホール

 

【8月】 

★2日、7日(1部)、9日(2部)、14日(1部)、20日(2部)、26日(1部) ANOTHER&summer show

 

【9月】

10日(1部) ガラスの仮面 大阪松竹座

【10月】

★1日 A.B.C-Z Star Line Travel Tour 大阪城ホール

9日(1部)Hey!Say!JUMP CONCERT TOUR 2016 DEAR 横浜アリーナ

10日 縁~むかしなじみ~ 名古屋市公会堂

★15(両部)16(2部)ジャニーズ・フューチャー・ワールド 梅田芸術劇場メインホール

 

【11月】

3日(1部) Hey!Say!JUMP CONCERT TOUR 2016 DEAR 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール

【12月】

★4日(1部)、16、17(両部)、18(両部)、25

関西ジャニーズJr. X'mas show 2016 大阪松竹座

★25日(2部) ジャニーズWEST 1st ドームLIVE 24から感謝届けます 京セラドーム大阪

 

2016年もおつかれさまでした!連番してくれたお友だち、現地で会ってくださったお友だちみんなありがとうー!

そしてなにより今江くん、たくさん素敵なパフォーマンスを見せてくれてありがとう!!

2017年も期待してます!

 

2017年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

2017年は半券の数減らせるようにがんばります!!!

13月は意外とすぐそこにあるのかもしれない

千穐楽から4週間以上経過し、まいジャニのジャニフワ特集が完結した今日このタイミングにエントリを上げる

という不甲斐なさを棚にあげて、観劇直後さながらの熱気を背負い書き綴ります。

 

ジャニーズフューチャーワールドお疲れ様でした!!

 

梅田芸術劇場の大きな大きな舞台で今の関ジュの活躍を観られたこと、とても嬉しかったです!

夏のANOTHERで感じた「始まってる新時代*1」感は勘違いじゃなかったと確信できた、そんな舞台でした。みんなキラキラしててかっこよかった!!

関西Jr.の背中をいい追い風が押してくれている、そう思えたことがこの舞台を観劇した一番の収穫でした。これからの関西Jr.に幸あれ!!!!

 

今回のジャニフワ開催に伴い、大阪開幕前に久しぶりにジャニワ初演期間中のWSやまいジャニ、ステフォに雑誌にパンフに自分のブログに・・・・と持てるすべての記録をひっぱり出して当時のことを思い起こしてみました。

あの頃、私だけじゃないと思うんだけど、JUMPを応援することに対して息苦しさを感じていました。今となっては「あんな時期もあったよね」と言えることがすごく有難いことなんだけど。当時はテレビにも全然出ないし、アルバムもシングルも全然出ない、後からデビューしたグループの勢いに食われかけいて、やまちゃんの金田一が決まって「やっとJUMPの新曲が出る」と思った矢先のやまちゃんソロデビュー。一部の個人の活躍が目立ちすぎるが故にグループとしての魅力がなかなか表に出ない。グループも個人も一生懸命頑張っているし、ファンもそれを分かっているのに、一向に結果が付いてこない。

いわば暗い暗い寒くて空気の薄い*2トンネルの中をJUMPとファンでゴールを目指している、そんな印象。

 

 

博多座にFunkyから丈くん、リチャくん、大橋くんが出演する」と分かってから梅芸の幕が開くまでの間、私はそのJW初演時に感じていた「息苦しさ」に似た感情を抱いていました。

 

ANOTHERで感じたあの悔しさ、不安感、寂しさが、お恥ずかしいことにANOTHER初日ずっと胸の中にありました。

「エスパーの最後の8人で1列になって肩を組む」あの1シーンにどれだけ救われたことか。

「8人が8人じゃなくなっちゃう」、そんな不安がずっとあって、どうしても博多座のレポを読む気にもなれませんでした。「おめでとう!!」という想いと、身勝手ながらもどうしても手放しで喜べない部分があって、博多座は私の中で他人事でしかありませんでした。*3

 

だから大阪の幕が開くのがすごく怖くて怖くて仕方がなかった。Esperのあの1シーンが最後の”8人”だったらどうしよう・・・と。

 

だから初日のレポで、8人くくりが随所に設けられていたこと、Funky5人にたくさん見せ場があったことを知ったとき、すごく嬉しかったし、心底安心しました。

実際に劇場にお邪魔して、8人の「BackFire」のパフォーマンスを観たとき、新規の私が言うのはおこがましいと重々承知の上言うけど「やっぱり8人じゃなきゃ!」と今まで以上に強く思いました。

それと梅芸の「8人」を観たとき、なんとなくだけど、「きっとすぐにまた「8人」を見られる機会が来るんだろうな」とぼんやりと感じました。

 

 

よくよく思い返したら、JWの直後からJUMPの快進撃が始まったような記憶があって。

一番の転機は「ジュリー班入り」だということは明白なんだけど、3ヶ月間のJWを成功させたという「自信」がJUMPを大きくしたんじゃないかな・・・と偉そうに感じていました。

「百花繚乱」イントロの階段降り、初日は足元がおぼつかなくて慎重に恐る恐る降りていたのが千穐楽では9人全員がしっかり前を見据えて1歩1歩堂々と進んでいて、それがものすごく力強く美しくて。あの1シーンだけで「神さまがこんなにすごい9人を身捨てるわけない、この9人の未来は絶対に明るい」と確信した、そんな素晴らしい演目でした。

 

そう思うと

舞台観劇時にも感じたし、改めてまいジャニで見返してもやっぱり感じたことだけれど、8人のあの充実感に満ちた顔を観てたら勝手に抱いてた不安がバカバカしく思えてきました。なんとなくだけど多分きっとまだ「8人」は終わらないし終わってもらっちゃ困るし、「この8人の未来も絶対に明るい」としか思えない。

いろんな事情で「8人全員横並び」が難しいとしても、「3-5体制、4-4体制」がとられても、8人は8人だって言い張りたい。 

 

ジャニフワが終わって、体育会TVやちゃんずー・・・と新しいお仕事が回ってくるようにもなったし、今まで以上に”8人”という言葉を本人たちから聞くことが増えたよう思うので、8人に、そして関西ジャニーズJr.全体に、JW後のJUMPと同じような明るい未来が訪れることを確信に近い希望的観測を抱きながら願っています。

 

JW前と後の状況と比較して考えてみると、JW後のJUMPが辿りついた先は”ユートピア(=13月)”と言っても過言ではないと思う。

JW初演のオチは「13月は僕達の心の中にあったんだ」というものだったけど、

この先8人を応援し続けた先、いつかこのジャニフワを振返ったとき、今のJUMPを見る感覚と同じように「もしかしたら、まさに今が13月なのかも!」と思えたらいいなと思います。そんな日も案外すぐにでも来そうな気がしているけど、なんとなく。

 

 

偶然の産物なんですが、JW初演では裕翔くんドラマ撮影で不在の日がちょくちょくあったんです。今回、今江くんに大学の都合とはいえ”不在の日”があったのは、事情は違えど現象として「懐かしいな~」と感じました。「シェア恋」の後の「半沢」をきっかけに裕翔くんの演技のお仕事の幅が一気に広がったので、この「ジャニ(フ)ワ不在」というちょっとした”偶然”に期待したいなと思っています。

「ジャニワ不在公演を経験した子は大成する」なんてジンクスが生まれたら面白いなーなんて。

 

関西Jr.総出演に加え、東京からもJr.が呼ばれている状況で一人「大学の都合」で融通を効かせてもらえていたこと、すごいことだなあと思っています。

極論を言えば「いてもいなくてもさほど不都合が無い」ポジションだったのかもしれないけど、

「学業優先の為出演しない」という判断が下されてもおかしくなかっただろうにアンダーをつけてもらえて「出られる日は出る」という方法を取らせてもらえていたこと、その事実がすごくすごく嬉しかった。

 

今江くん不在の間、アンダーとして開いた穴を埋めてくれた(埋めてくれたどころかそれ以上にいい爪痕を残してくれた)晴太郎くんにこの場を借りて大きな感謝を!!

いつか振りかえったとき、「今江くんのアンダーを務めあげたこと」が晴ちゃんの飛躍のきっかけになったとしたら、おばさんすごくうれしいな!!!

 

 

 

まさか3年半の時を経てまた13月を探すことになるとは思いませんでしたが、ジャニフワを観劇したことで、今の担当さんが踊る「百花繚乱」「Not enough」といった大好きな演目を観られたこと、すごくすごく嬉しく感じています。

どうしても初演と比べてしまうところがあって、JUMP担を退いた身でこんなこというのもあれだけど、改めて「JUMP座長のジャニーズワールドが観られて本当によかった」「やっぱりJUMPのジャニワが一番!!!」と思えて、大好きな舞台を3年半の時を経てもっともっと好きになれました。

 

そうこうしている間に、クリパの開幕まであと10日ほどになりました。色々と言いたいことはあるれど、とりあえずそのあたりの気持ちに鍵をかけておいて。

 

 

クリパが8人にとって大きな意味をもつものになりますように!!!

 

鬼がかってる8人に会えますように!!!!!!!!

 

 

 

 

それでは、おやすみなさい★

*1:ℂRide With Me

*2:劇場内でパンデミックしてたしね

*3:とかいいつつよくよく考えたら漫才レポ毎日漁ってたからそこまで大して病んでいたわけではない

21回目のおめでとう

今江大地くん21歳のお誕生日おめでとうございます!!

 

私がこのエントリの構想を練っている最中に某強火今江担*1の日誌更新を目の当たりにし、意気消沈しかけた節もありましたがやっぱり文章に残したいので今日もつらつらと書き連ねます。

 

今江くんが21歳ということで、私が21歳の時はどんなだったかな?とふと思い返してみたんですが21歳がまさに私が今江くんを知った年、関西Jr.という蟻地獄に足をすくわれた年齢だったんです。

あの頃の自分がどんなだったか全然思い出せないけど、自分のレポを読み返す限り「リトギャンかわいい><><」「今江くんかわいい><」と書いてありました。

あの頃の私はまさかその云年後、おた卒している*2と想定していたであろう年齢になって、この「かわいいかわいい」言ってる子のうちわを振っているだなんて想像もしていなかったことと思います。7WEST担だったわりに、リトギャンのレポもちゃんと残しておいてくれた21歳の私、ありがとう。今、すごくお世話になっています。

 

担当を名乗るまでに色々とありましたし、正直担当を名乗るなんて担降り決意するギリギリまで微塵もそんなこと思ってませんでした。今になって思えばもっと早くに「いい加減好きって気付け」たらよかったのにと後悔しだしたら止まりませんが、これでだいたい担当を名乗り始めて1年が経ちました。

過去のことへの後悔は一生消化できないと思うけれど、でもこの1年だけでその”後悔”

の量を遥かに超えたたくさんの幸福感をもらえました。後悔という感情を殆ど忘れさせてくれる、”明るい楽しい”といった感情。

 

この1年でたくさんのお仕事してる姿を見せてもらいました。

1つの現場が終わるとき、寂しさでいっぱいになるはずなのに、今江くんのお仕事してる姿を見ると

「今江くんは次、どんな新しい楽しい世界に連れて行ってくれるんだろう!次はどんなカッコイイ姿を見せてくれるんだろう」とワクワクします。

 

お仕事をこなす度にどんどん磨きがかかる表現力。天井なしの伸びしろ。

どの現場も全力で楽しんでいる姿。キラッキラの笑顔。挙げだしたらキリがないくらい、

「ああ、この公演に来られて本当に良かった!」と思わせてくれる今江くんにいつもいつも感謝してます^^

 

 

”8人”のことが大好きで、みんなから(過剰なまでに)愛されて、優しくて、根本的にかわいくて。でも、芯がしっかりしてて、物事ちゃんと考えてて、意外と論理的で、しっかりしてて、時に風船みたいにどこかふわふわ飛んで行っちゃいそうで、かわいくて。

「自分はまとめるキャラじゃない」って言いながらも関じゅの中で天性のお兄ちゃんキャラ発揮してたり、謙虚な反面、自分に自信持ってて、男らしくてかっこよくて、自分に厳しくて、内に秘めた向上心を持ってて・・・とかわいらしい外見に、たくさんの魅力を備えもつ今江くんは私の自慢の担当さんです!

今江くんの担当を名乗れてとーーーっても、とーーっても幸せです!!

 

 

20歳大活躍だった今江くん。

21歳が今までで一番キラキラ輝く充実した1年になりますように!!

 

 

 

そして、今江くんと、今江くんの大好きな”8人”がもっともっと飛躍できますように!!

 

 

 

 

 

学年も学年だし、学校も学校だから・・・と不安はありますが、長く長く今江くんを応援できますように!!

来年も再来年も同じ日長ったらしい気持ち悪いお祝いエントリ書かせてね!!!

 

*1:朝田淳弥氏

*2:なんなら名字も変わってるかも♪

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第1弾「はてなブロガーに5つの質問」

1.はてなブログを始めたきっかけは何ですか?

はてなダイアリーさんに2009年からお世話になっていたのでその流れで。当時、はてなはJUMP担ブロガーさんが多かったイメージ。

はてブを始めるにあたり「文章力の向上を目指す」というテーマを挙げてました。
この歳にもなってジャニヲタしてることへの後ろめたさが拭えなくて。なにかひとつでもジャニヲタ活動をしながら自分にとってプラスになることをせねば!と思っていて。ブログを始めてはや2年。「文章力」がレベルアップできたような気は全くしませんが、今後も"日々此精進"をモットーにたくさん投稿していきたい所存です。

2.ブログ名の由来を教えて!

No dout!!!
Hey!Say!JUMP「Ride with me」より引用。
担降りした際変えようかと思っていましたが、他に良いタイトルが思い浮かばずそのまま使用しています。Funkyちゃんが公式になって、オリ曲もらえたら本腰入れてブログ名考えたいな。(だからはやく公式にして)



3.自分のブログで一番オススメの記事

自分で言うのもなんやけど(©少年たち2010)、これかな


「こなれ感」とFunky8の話

http://no10enough.hatenadiary.jp/entry/2016/05/14/235235

4.はてなブログを書いていて良かったこと・気づいたこと

ブログを書くようになり、自身の"語彙力の乏しさ"を痛感しました。そのお陰で、よりたくさんの言葉に触れるべく以前より活字に意識的に向き合えるようになったので、いい習慣ができてよかったなあ、と思います。各方面のブロガーさんのエントリを読んで知れたことも、為になったこともたくさんあったのでいつか私も人の役に立つエントリを上げれたらいいなと思います。




はてダ時代って肖像権管理がしっかりしていたというか、端的に言ってジャニーズのタレントさんのお写真を記事に使う方って殆どいらっしゃらなかったような気がします。もはや無法地帯になっちゃったんだろうな・・・と、少し残念です(小声)


5.はてなブログに一言

他のブログツールと一味違う、上質で知的な"はてな"というブランドを変わらず、ずっと守り続けてくださりありがとうございます。
はてなブログ」という広く深い、ある種のエンターテイメントに参加させてもらえてとても有り難く思っています。今後も「誰にでも"文化"をインプットもアウトプットも出来る」そんなSNS文化の草分け的存在でいてください。これからもお世話になります!宜しくお願い致します!これからもありがとう!




http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

俺たちデトックス女子会in豊橋3 のおもいで

(話をぶったぎってしまってすみません!!!!)

 

 

※予め宣言いたしますが、今回もまたジャニーズとなんら関係のないお話です!!!!!

 

 

 

9/18(日)、台風の脅威に怯えながらも穂の国とよはしで行われた

「俺たちデトックス女子会in豊橋3」にお邪魔してまいりました!!

 
f:id:no10enough:20160920231709j:image
(アウェーにも関わらず自由席で前列を死守するあたり私もなんだかんだジャニヲタなんだな★と誇らしくなりました)

所詮こじらせナイト出に永遠の新規です。しかも放送初期からじゃなくて、見始めたのが水球ヤンキース番宣で千葉くんが出演された頃からなので言うなれば終身栄誉新規です。

 そんな新規界の絶対的エースみたいな私が言うのもおこがましいレベルですけど

憧れの能町みねこさん、久保ミツロウ先生にお会いできました!!感激でした!!

 

私の中の嵐が♪きみがいて~うれしいよ~と泣いております!!

私の中のカミセンが♪時がComing~と歌っております!!

 

デトックス女子会」の予備知識も得られぬまま、ジャニヲタ三種の神器の一つ”フットワークの軽さ”を盾にお邪魔してきたわけですが、

このデトックス女子会、一言で言うと「世界で一番楽しい女子会がここにあった!」これに尽きます。

そして参加してみてタイトルの「デトックス」の意味がよく分かりました。

他人様のお話しを聴いてただけなのに、私自信も毒素のようなものを排出できたような気がする。その一方”デトックス”というタイトルに反して得られたものが多かった、そんな貴重で充実したイベントでした!!

 

 

冒頭でも述べましたが、そもそもお二人に惹かれたきっかけは「久保みねヒャダこじらせナイト」でした。

ヒャダインさん含め3人の物事への考察・ツッコミ、問題提起力、結論づけの一連のやりとりがものすごく私の感性にドストライクで。

3人が”好きなもの” ”気になるもの”に3人それぞれがもつ感性・センス・技術・知識という絵の具*1を”ユーモアというニス”のようなものに混ぜて塗り重ねたり接続したりして、新たな”楽しい何か”を創造する。

その成果物だけでなくそこに至るまでのプロセス1つ1つに愛があって熱があって夢があって、私も何かを表現する上でこんな風になれたらいいのに・・・と憧れている所存です。 

 

わたしも片田舎の冴えないジャニヲタOLのくせして、趣味とはいえTwitterはてなブログで稚拙ながらも"発信"をしている身。もっとうまいこと言えたらいいのに・・・と日々自分の不甲斐なさにげんなりしたり、故に表現力のある方たちに憧れ時に僭越ながらも嫉妬したりして。

 

今回のイベントを通じて、能町さん久保さんの引き出しの多さ、引き出しの中身が充実し、かつ整頓されているということを改めて実感しました。引き出しも中身も莫大な量なのに、どこに何があるか分かっているからいろんな言葉が出てくる出てくる。「頭の回転の速さ」とそれに対応する「引き出しを開いて閉じてする速さ」が完全に同じタイミングで。

お二人の波長と思考のタイミングのシンクロ率が高すぎて会話が全く途切れなかったのは見事でした。

 でもかといって二人だけの閉鎖的な空間にならなくて。全然身に覚えにない話題もあったのにいつの間にか、もともと当事者だったかのように錯覚して、波に乗って一緒にデトックスできてしまって。今となってはすごく不思議です。

 

 

今回このイベントにお邪魔して初めて気付いたことがあります。

それは、お二人の会話には「どこを取っても"愛"がある」ということでした。

 

デトックス、いわゆる毒吐きのはずなのに、聴いてるこっちは毒を毒そのものとして受容したわけではなくて。イメージ的には"龍角散の薬の飲むときのゼリー"でくるまれた毒を受容した感覚。

 

何かについて話すとき、ある事象について”味方”のような立場を取るとき、相反する概念を"敵対視"するのは自然な流れ。でも、お二人の会話には”絶対悪”のようなものをあまり感じられなくて、”対立”はしても”敵対”はしないというのか、”救いようがない”という概念が見受けられなかった。

 

私自信、”毒舌キャラ”と言われることが多くて、でも言うほど毒を吐いてる自覚がなかったからいまいちピンときていなかったんだけど。なんとなくその理由が分かった気がしました。

前々から面白いことが言えるようにはなりたいけど、”毒舌”とか”赤裸々”、”包み隠さず”だけじゃ芸がないしいつか自爆しそうな気がしていて。

 淳太くんの目指す”人を傷つけない笑い”に近付けるように在り方を変えていきたいなと思いました。

 

そのためにもまず最初のステップとして、もっと色々な事象に目を向けて様々な角度から受容し、愛のあるツッコミを入れていこうと思います^^

 

 

いつも通りまとまりのない文章だけれど、このイベントに参加できてほんっとうによかったなあと思います!何度も同じこというけどデトックスできた以上に得られるものが多かった!!すっきりした満腹感を味わえました!!!

こういう人間でありたい、と目指す像が出来たことが一番の収穫。

 

そして 私の人生なんて「平凡でつまらない日々」だと 思ってたけど、捉え方一つで”面白い”とも思えて、面白くすることだって出来る・・・・と能町さんのミャンマーの話を聞いて気付けました。

いい年して「人見知り」と「コミュ障」という概念を盾に、何に対しても受け身姿勢だったから。ちょっと在り方を変えてみようかなと思います。

 

どのトークテーマも面白くてめちゃくちゃ充実してたので、ここで紹介できないのが歯がゆいけれど、このエントリが「デトックス女子会」への参加を悩んでいる方の背中をポイっと押せるきっかけになったら嬉しい限りです。

とりあえず気になったら私に気軽に聞いてください。

 (でも、百聞は一見に如かず!絶対生で感じたほうがいいから悩む前にチケットポチってみてください!案ずるより産むがやすし!!)

 

そして久保さん・能町さんのラジオが復活することを愛知の片田舎からこっそり希望して期待しております★

 

 

オーヴァ(さようなら)

 

 ★おまけ★


f:id:no10enough:20160920231445j:image

おみやげたくさんいただきました!わーい!

「つらくないって言ったら嘘になります」ってこのフレーズなんだっけ?と思ったら、あばれる君!!!!

 

 
f:id:no10enough:20160920231502j:image
 

とある企画でゴシップ大好きジャニヲタ芸発揮して能町さん・久保さんのサイン入りの品をいただきました★家宝にします!!!

(能町さん何度も気にかけてくださりありがとうございました)

さんきゅー伊 ★ 綾 子( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

 

 

ジャニーズの現場にどっぷり浸かってしたが故ソロ参加ははじめすごく心細くて寂しかったけど 、既にデトックス女子会が恋しくて仕方がありません。

次の東京の回は伺えそうにないけれど、また近いうちにお邪魔したいなーと思います。

気になる方いらっしゃったらお供します。もちろんソロでも行くけど!!

 

ビール電車外れたのめちゃくちゃ悔しいから第2段に期待してます!!!

 

*1:隠語じゃなくて、そのままの意味でね