読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

No doubt!!!!!

関西の”8人の小人”と紡ぐFunkyな日々

ジャニーズ楽曲大賞2015 に投票しました

ここ2,3年はJUMPの楽曲しかまともに聴いていなかったわけですが、関ジュ担に出戻ったおかげで様々なグループの楽曲に出会うことができた1年でした。

今回の投票に参加するにあたり、Walkmanに入れてある2015年発表楽曲をざっと聴き直しましたが、投票内容を書く前にひとつ言わせてください。

 

ジャニーズミュージックは最高だ!!!!!!!!

ジャニヲタちょおおおおおお楽しい!!!!!!!!!!

 

 

□■楽曲部門

1位 [中山優馬] YOLO moment

我らがfunky8(旧GangStar&末澤くん)初Mステ出演曲!!というだけで思い入れが強く、贔屓目に見てしまいがちですが、この楽曲の持つ品の良さと優馬くんのお人柄がにじみ出るような明るい爽やかな歌詞がたまらなく好きです。

優馬くんの甘く爽やかな歌声が映える良い楽曲。

 

2位[Hey!Say!JUMP] 我 I Need You

発表当時「ジャニーズWESTっぽいね」という感想をたくさん耳にしたし、私もそう感じていた部分があったけれど、コンサートのパフォーマンスでHey!Say!JUMPらしさを見せつけられた気がして「JUMPらしくて好き!」と思いました。

新鮮ながらもJUMPらしい、底抜けの笑顔でいっぱいの「みんなハッピー!」になれる良い楽曲。

 

3位[Kis-My-Ft2]FOLLOW

失礼ながら本家キスマイさんのパフォーマンスは観たことがなく、関ジュクリパfunky8のパフォーマンスでこの曲と出会いました。北山くんの甘く切ないセクシーな歌声が最大限活きる楽曲。

 

4位[Hey!Say!JUMP] SHen SHera SHen

JUMPにとっては新鮮な、でもどこか懐かしいような、少し昭和のサウンドのような、一度聴いたら抜け出せなくなる沼のような楽曲。ポップな曲調に見せかけて終始哀愁に似た感情が幅を効かせているのが面白い作品。夏のツアーでこの曲のパフォーマンスが見られなかったのはすごく残念でした。

 

5位[NEWS] ESCORT(加藤シゲアキ)

なんでこうシゲくんの創る楽曲はかっこいいのだろう!!!と世界観に溺れてしまいそうな楽曲。ジャニーズらしくない、おしゃれなブティックで流れていそうな、1日中BGMとして流しておきたい大人な楽曲。シゲくん、いつか中島裕翔くんにソロ曲書いてください・・・・

--------------

※6位以降(投票には関係なし)

[ジャニーズWEST]PARTY MANIACS

[ジャニーズWEST]Lovely Xmas(重岡大毅神山智洋

[Hey!Say!JUMP]Very Very Happy

[A.B.C.-Z]Moonlight Walker

 

 

□■MV部門

[Hey!Say!JUMP] Chau#

(ちゃんと見たMVがこれしかなかったので)

 

□■未音源化部門

「Dream Catcher」 関西ジャニーズJr.

ジャニーズWESTのデビュー、しょうれんの東京栄典・・・と様々な出来事を乗り越えた新生関西ジャニーズJr.のスタートにふさわしい前向きで力強い楽曲。クリパB公演でのパフォーマンス、Bメロで現れるfunky8を見て「この人たちがこれからの関西ジャニーズJr,を引っ張ってくれるなら心配いらない!関西の未来は明るい!」と強く思いました。

 

---------

次点:「LOVE」 京本大我・関西ジャニーズJr.

 

□■現場部門

関西ジャニーズJr.『X'mas Show 2015』

今までバックとして活躍してきたfunky8(旧ギャンスタ)が主役として出演した公演ということで新鮮でした。今まで十分に発揮されなかった個々のメンバーのポテンシャルの高さを見せつけられたような密度の濃い、そして最高に優しく温かい空間でした。このメンバー(+末澤くん)の公演をまた何かの形で見られないかな・・・と思うくらい11人全員良いチームワークを見せてくれました。今後の関西Jr.の活躍に期待しています!!!

 

 

------------

次点:伊野尾慧 『カラフト伯父さん』

 

□■コンビ部門

加藤シゲアキ&中島裕翔

ジャニーズ初の小説家の処女作に、映画初出演にして中島裕翔くんが主演をつとめる・・・という何から何まで新しいことづくめのこの「映画 ピンクとグレー」プロジェクト。

数年前、ドル誌でカメラ小僧対談をしていた二人がこんなことになるとは。

グループは違えどそれぞれアイドルとしての喜び悲しみも受け入れて生きてきた、キラッキラの笑顔の裏に深い人生観を持つこの二人の活躍は、サブカル的視点から見ても面白いです。

この先もグループを越えたこの2人の共演を見られたらいいなと思います。

 

□■自担部門

今江大地

ド新規ですが、今江くんの担当になれてとっても幸せな1年でした!

2016年もよろしくね!!!!!